会社情報

私たちの思い

“ありがとう”をたくさん頂く企業になろう
私たちが最も大切にしていることは「思いの共有」です。
私たち、なぎの木フードサービスの最高の財産は、その「思いを共有している人」です。
私たちはレストランサービスを通じて、その「思いをカタチに」していきます。 その思いを実現し、たくさんの“ありがとう”を頂くことが私たちの最高の喜びです。



Ⅰ 私たちの存在意義(共有する使命・目的)

◇経営目的(ミッション)
一. 私たちメンバー一人ひとりが、仕事を通して自己実現を図り、幸せになること
一. 一つでも多くのおいしい、楽しい空間を創造し、幸せな社会を築き上げること


◇スローガン(経営指針)
“ありがとう”をたくさん頂く企業になろう


◇スピリット(心構え・目指すこと)
日本一ホスピタリティあふれるグループになろう


◇社是(働く目的)
我々は、仕事を通して人様の役に立ち、勤労を通して人間性を磨き、 事業を通して社会に良い影響を与える


Ⅱ 私たちの行動理念(社員のあるべき姿)

◇社標(仕事の合言葉)
明るく謙虚に仕事をしよう


◇経営理念(行動指針)
一. 私達は価値観や使命感を共有する、 同じ目的に向かって戦う 同志の集団であるべし
一. お客様に対して献身的であるべし
一. 日々精進する働き者でいるべし
一. 仕事は全て自分事と考えるべし
一. 戦いは最後に必ず勝つべし
一. 新しいことへ挑戦し続けるべし
一. 常に問題意識を持って行動するべし
一. いつも原点に返り 基本原則を重視するべし
一. 限界を超えてもあと一歩進むべし
一. 24時間365日、 常に生き方そのものが美しくあるべし


◇社訓(実践すること)
一. ありがとうの実践
一. 笑顔の実践
一. 挨拶の実践


◇憲章(判断基準)
一. 損得ではなく善悪
一. 人として正しいか
一. 私心を捨てる
一. 利他の心を持つ
一. 拡大ではなく成長
一. ワクワクする事業
一. 人が差別化となる事業
一. 利益の確保
一. 完璧完遂の仕事


Ⅲ 私たちの事業理念(事業のあるべき姿)

◇事業ドメイン(私たちのあるべき事業)
私たちの事業はホスピタリティ業である


◇基本理念(事業の合言葉)
一. 高齢者福祉サービス ~お客様は私たちの家族です~
一. フードサービス ~おいしい食事は幸せの基本です~


◇事業運営基準(事業の運営指針)
一. 食事は安全、安心、手づくりでおいしいこと
一. 食事は基準通りであり、早くタイミングよく提供されること
一. 温かいものは熱々で、冷たいものは冷たいうちに提供される食事であること
一. 笑顔いっぱいの挨拶、元気、ホスピタリティあふれるメンバーでいること
一. フレンドリーでありながら礼儀正しいメンバーでいること
一. お客様に呼ばれる前、言われる前にして差し上げること
一. お客様がしてほしいことをし、してほしくないことはしないこと
一. 施設は活気であふれ、清潔であり、心地よい滞在ができる雰囲気であること
一. 自分の一番愛する人を招いても恥ずかしくない状態まで整理整頓すること
一. 自分の赤ちゃんがハイハイしてもよい状態まで清掃し、磨きこむこと


商 号 なぎの木フードサービス株式会社
本 店 〒810-0002
福岡市中央区西中洲10-1
事務所 〒816-0943
福岡県大野城市白木原1-17-3-1401
TEL:092-915-0566
FAX:092-558-4500
事 業 レストランサービス
代表者 代表取締役 社長 薙野英児
グループ会社 くるみ福祉会 株式会社



社長挨拶

“ありがとう”をたくさん頂く企業を目指して…
私たちの経営目的は、お客様の「幸せ」を追求することです。
私たちのお店は、お客様の「幸せ」のために存在しています。
一つでも多くのおいしい、楽しい空間を創造し、幸せな社会を築き上げること。
おいしい、楽しいお店をつくり、お客様の幸せを追求してまいります。
一人でも多くのお客様から「こんなお店があって良かった…ありがとう!」と言っていただけるお店を目指しています。
地域の皆様方から「こんな会社があって良かった…ありがとう!」と言っていただける会社を目指しています。
すべての皆様方からの“ありがとう”をたくさん頂く企業を目指して、日々のたゆまぬ努力を継続してまいります。
どうぞ皆さま、よろしくお願い申し上げます。

代表取締役 社長 薙野英児


会社沿革

1993年 9月 薙野英児が墓石工事請負業を創業
1994年 8月 御陵石材建設㈱を設立
1996年 5月 外食事業に参入、焼肉「全州」太宰府インター店(現:元気居食屋「全州家」太宰府インター店)を出店
1997年 2月 商号をナギノグループ㈱に変更
2000年 3月 ワタミフードサービス㈱が展開する居食屋「和民」をダイレクトフランチャイズシステム(社員独立制度)で展開するため、社長が入社し修業を開始
2002年 1月 社長がワタミフードサービス㈱のダイレクトフランチャイズ研修に最初の合格者として卒業、退社し修業を終了
2002年 3月 ワタミフードサービス㈱のダイレクトフランチャイズ店舗である居食屋「和民」の出店開始、中洲川端駅前店を九州一号店として出店
2003年 2月 居食屋「和民」2店舗を、フランチャイジーとしての経営継続が困難と判断し撤退、ワタミフードサービス㈱に売却
2003年 3月 博多料理の「なぎの木」を出店、展開を開始
2006年 7月 ライズビューティクリニック㈱と合併
2006年 10月 独立支援制度として、ダイレクトフランチャイズ(業務委託制度)を開始
2007年 11月 社員独立制度(DFC)を本格開始
2012年 1月 商号をなぎの木グループ(株)に変更
2012年 10月 商号をなぎの木フードサービス(株)に変更